ポーセレンレースドールについて

IMG_2106.jpg                      楽しそうな親子のイメージ                                         制作過程

P1010430.jpg
P1010436.jpg2~3
P1010496.jpg3~4
P1010546.jpg5~6

日常も美しく、優雅に…

Porcelain Lace Draping Dollとは、液状陶土をつけたレースを使用して高温焼成した陶器人形です。レースなどの有機物は燃えてしまい陶土だけが残りますから、一見レースのような柔らかそうなドレスも人形のボディも全て硬質磁器です。
優雅で美しく見る方が優しい気持ちになれるような「幸せオーラ」いっぱいの人形です。日頃、日常から生まれるちょっとした喜びや楽しみの瞬間を作品に託し、その思い出を美しく優雅に残します。

Hiromi Porcelain Academyでは

入門~中級コースでは、基礎となる3体を仕上げていきます。
それ以降は自由作品となり、生徒さん各々が持っていらっしゃるイメージをお聞きし、共にイメージを膨らませてデザイン画をおこします。ですから、1つ1つの作品に生徒さんの感性が反映され、オリジナル性が高められ、各々の愛情や想いがぎゅっと凝縮され、それが人形の輝きとなり表現されます。
このように、共に制作する何よりの喜びが誕生する瞬間を大切にしています。
ロイヤルホテルの教室においては、毎年夏に作品展を開催し、たくさんの方に見ていただける場もあり、毎年たくさんの方から大変ご好評をいただいております。

制作過程

1.モールド(石こう型)に液状陶土を流し、型をとります。
2.表面処理をします。
3.デザインに合わせて、液状陶土に浸したレースを着せていきます。
4.花かざりなども施します。
5.約1200℃の高温で焼成します。
6.釉薬をぬり、約1000℃で焼成します。
7.お顔など2~3回に分けて着色し、約710℃で焼成します。
8.できあがり。

IMG_2102.jpg7~8